七五三、厄払い、祭典、神事、参拝、祈祷

武豊町武雄神社

神社関連用語集

節分(せつぶん)

立春の前の晩に行われる。「鬼はそと、福はうち」の掛け声とともに行われる豆まきは、もともと新年を前に旧年中の罪や穢れを祓い去って、新しい年を迎えることであったといわれている。

豆は、「穀物には生命力と魔除けの呪力が備わっている」という信仰、または語呂合わせで「魔目(豆・まめ)」を鬼の目に投げつけて鬼を滅する「魔滅」に通じ、鬼に豆をぶつけることにより、邪気を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いがある。

追難式(ついなしき)、鬼やらい とも言われる。

神社関連用語集一覧へ戻る
神社関連用語集
ページのトップへ