七五三、厄払い、祭典、神事、参拝、祈祷

武豊町武雄神社

神社関連用語集

厄払(やくばらい)

災厄を避け、今後の人生を無事安泰に過ごすため、祈願祈祷することを指す。

厄祓は厄歳に行われることが多いが、日々の生活で少しずつ溜まっていく厄(日常厄)をこまめに祓う意味で

厄歳以外に行う場合もある。


又、祈祷・神事等と合わせて厄を除く方法として、ふるまいなどの行事・祭事がある。

厄除け(やくよけ)・厄落とし(やくおとし)などとも呼ばれる。

神社関連用語集一覧へ戻る
神社関連用語集
ページのトップへ