七五三、厄払い、祭典、神事、参拝、祈祷

武豊町武雄神社

神社関連用語集

鳥居(とりい)

神社の参道に立てて神域を示す一種の門。その起源や語源については定説がない。

基本的には2本の柱と2本の横木で構成される。
横木のうち柱上に渡すものを笠木 (かさぎ)

柱の途中を連結するものを貫 (ぬき) ,笠木の下に重ねる横木を島木 (しまぎ) という。

神社関連用語集一覧へ戻る
神社関連用語集
ページのトップへ