七五三、厄払い、祭典、神事、参拝、祈祷

武豊町武雄神社

神社関連用語集

祭礼(さいれい)

超自然的存在への様式化された行為。
祈願、感謝、崇敬などの意思を伝え、意義を確認するために行われてきた。
年中行事や通過儀礼と関連して定期的に行われるものが多い。
このことによって、「祭礼」は、日常生活のサイクルと深く結びつき、民俗学でいう「ハレとケ」のサイクルのなかの「ハレ(非日常性)」の空間・時間を象徴するものとなった。
地域自治会などの統合の儀礼的側面としても、神輿・御山車の巡行・曳行や勇・からくり人形等の奉納行事がある。
類義語:祭祀 ・祭典・祭儀・祭事・神事

神社関連用語集一覧へ戻る
神社関連用語集
ページのトップへ